コロバスターの口コミ・評判を検証|コスパの良さと効果の実感

コロバスターは次亜塩素酸水を成分とする除菌・抗ウイルス除菌水です。

次亜塩素酸水はその安全性と高い除菌力から近年、製品化が相次いでいる成分です。

今回は、その次亜塩素酸水を含むコロバスターについて、評価口コミなどを確認していきます。

コロバスターの良い口コミや評判、メリット

まずは、コロバスターの口コミや評判で、良いものについてです。

このような口コミはインターネット上などで見ることができますが、具体例を見ていきましょう。

いろいろな用途にこれ一つで

コロバスターが一つあるといろいろな目的に支えて便利です!

コロバスターの良い点として、様々な場面で使えることが挙げられます。

コロバスターが一つあれば、様々な除菌から始まり、空間除菌、衣類やふとんの除菌など多くの用途で使えます。

このように一種類の除菌水で何役もこなせるという点を評価する口コミも見られます。

幅広い用途があり、かなりコスパが良いとも言えるでしょう。

マスクの節約に

マスクの除菌にコロバスターを使用しています。マスクが節約できて助かっています!

コロバスターはマスクの除菌にも使えるため、マスクの節約になるという口コミもあります。

マスクが不足したり、品薄になっている状況では非常にありがたい存在と言えるでしょう。

コロバスターは万が一口に入ってしまっても、有機物に触れるとすぐにほとんどが水に分解されてしまうため、マスクにも安心して使うことができるというメリットもあります。

このようにマスクのコスパにも貢献するのがコロバスターの特徴の一つです。

子供がいるけど安心して使える

子供がいても安心して使えるのがありがたい!

コロバスターは子供がいる家庭でも安心して使えるという口コミもあります。

前述したとおり、コロバスターの成分である次亜塩素酸水は、有機物に触れるとほとんどが水になります。

このため、高い除菌や抗ウイルスに加えて、安全性も高いという特徴があります。

次亜塩素酸自体は体の中でも作られる成分であり、このような点からもコロバスターが非常に安全なものであることがわかります。

赤ちゃんや子供、高齢者がいるような家庭でも、手軽に安全に使える除菌水としてコロバスターは大きなメリットがあります。

また、アルコールで手が荒れたりする場合もコロバスターを使用するのが向いているケースです。

コロバスターの悪い口コミや評判、デメリット

非常にメリットが多いコロバスターですが、中には少し悪いと言えるような口コミや評判、デメリットなどもあります。

効果が本当にあるの?

コロバスターについては、その効果に少し疑問を感じているような口コミも見られます。

しかし、コロバスターの成分である次亜塩素酸水自体は、非常に高い除菌力、抗ウイルスが確認されており、現在、製品化のラッシュがおきているのが現状です。

実際に次亜塩素酸水は、厚生労働省の資料において、ハイターなどに代表される漂白剤成分の次亜塩素酸ナトリウムと同類性の効果が確認されており(次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの同類性に関する資料)、その高い効果が確認されています。

すぐに分解されてしまうと聞いたけど

この口コミで挙げられたような点は、コロバスターの欠点、デメリットと言えるでしょう。

コロバスターに限らず、次亜塩素酸水を成分とする製品は、保存方法に気をつける必要があります。

まずは、次亜塩素酸水は紫外線に当たると分解されてしまうため、必ず直射日光を避けて保存する必要があります。

また、製造後は徐々に水に分解されていってしまうため、製造後はなるべく早く使う必要があります。長くても数ヶ月程度使い切るのが安心でしょう。

-現時点でまだ在庫あり-コロバスター公式サイトへ

コロバスターの使い方

コロバスターの使い方としては、大きく2つに分けられます。

まず、個別にスプレー除菌する場合は、そのままの濃度で使って問題ありません。どのようなものにもそのままスプレーしましょう。

次に、加湿器で空間除菌をする場合です。この場合は、公式サイトではコロバスターを5倍に薄めて使用するように注意喚起されています。コロバスター原液と5倍量の水を混ぜて使うようにしましょう。

また、高温では次亜塩素酸の効果が失われてしまうため、加湿器は加熱式やハイブリット式は避け、必ず超音波式のもので使うようにしましょう。

コロバスターの在庫は?

次亜塩素酸水の製品は非常に人気が高まっていますが、現時点でコロバスターはまだ在庫があるようです。

生産が追いついていない製品も出てきているため、購入する場合は、在庫があるうちに速めの申し込みを心がけましょう。

コメント